そもそも女性がイクとは?

女性がイクとは?

SEXは男女ともに快感が得られる性行為ですが、男性は例え早漏であっても「射精」という目に見える形でオーガズムを確認出来ますが、女性側は男性と違って視覚的に確認出来る事はありません。よく、SEXの後、女性がぐったりしていたとか、ビクビク痙攣していたということを基準にイッたと判断することもありますが、それはあくまで主観的なもので、明確な判断基準ではありません。

 

本当にイッたかどうかは、本人にしかわからないんですね。なのに勝手にイッたと判断して、「相手も満足しているだろう」と思っていることこそが、自己中なセック野郎と取られてしまう原因の一つでもあります。

自分がイッたかわからない女性も実は多いのです

そもそも、意外と女性に多いのが、「イクということがよくわからない」とか、「どういう状態がイッたことになるかわからない」ということです。この様に明確な判断基準が無いため、イクということ自体に余り意味はなく、ただただSEXで女性をイカせようと頑張るのではなく、「パートナーが心身共に満足しているか」ということに気を遣う方が良いのです。

イクことを経験している女性の殆どは言葉で説明出来ません

実際に、女性自身でイッたと感じる状態になっている方も居るのは事実です。その場合、身体はもちろんですが心も満たされて満足しているのです。女性に話を聞いてみると、そのイッた状態を明確に言葉で説明できる女性は中々いません。もちろん、心身共に中々言葉にはできない、かなりの快楽が得られた状態であることは間違いないそうですが。

早漏でもすぐにできるSEX対策があります

セックスでは、決して挿入時間だけが重要ではなく、前戯にしっかりと時間をかけてお互いの気持ちを高める事も大事です。あなたが早漏なら、早漏の改善と同じくらい尚更こういった部分には気を遣う方が良いですね。相手のためだけでなく、自分もその雰囲気に慣れるためリラックスすることが出来、心因要因が原因の場合、これだけで早漏防止に役立ちます。