自律神経の異常が早漏の原因に!?

早漏の原因

早漏を引き起こす⇒自律神経の異常

射精をコントロールしているのは、交感神経と副交感神経です。射精をコントロールして持続させるために、本来は副交感神経が強く働いているリラックス状態が良いのです。ところが、早漏をコンプレックスとしたSEXに対する不安や相手に対する緊張感などが大きいと、本来は射精時にしか働かない交感神経が最初から強く働いてしまい、短時間で射精してしまうのです。

自律神経の異常は病気なのか?

自律神経

勿論、自律神経の異常といってもこれは病気ではなく、精神的な部分が大きいのです。「早くイカない様にしないと」などと考えると余計に緊張して早く射精してしまったり、やっと口説いた自分好みの女性とSEXする時に、興奮しすぎたりする場合に多くみられます。

 

 

では自律神経の異常を改善する方法は?

自律神経異常に起因する早漏を改善するためには、とにかくリラックスしてSEXを楽しむ必要があります。挿入以外にも女性を気持ちよくさせることは出来ますので、愛撫や前戯で女性の興奮を高めるなどすれば、お互い盛り上がりますし挿入前から相手が感じている姿がわかれば、あなたも安心してリラックス出来ますよね。

 

このページを読んだ方に読まれているページ