早漏を治すためのスクイーズ法

スクイーズ法とは?

スクイーズ法は、一説には実施した方の90%がその効果を実感しているといわれている、早漏改善の方法です。

 

スクイーズ法の実践方法は?

早漏改善に腹式呼吸

実践は、マスターベーションでも実際に挿入している時でも構いませんが、イキそうになってきたら動きを止め、亀頭のカリの下部分を親指と人差し指・中指で少し強めにつまみます。そうすることで射精感が抑えられるので、それを繰り返すことで早漏の改善に繋がります。

 

 

 

ご注意いただきたいのは、つまむ強さとタイミングを間違えないことです。つまむ強さは人によって違いますので、最初は少し強い位から試していただき、効果次第で弱めたり強めたりしてみて下さい。何度か実践していると、自分にちょうどいい強さがわかります。

 

どのタイミングでつまむか?

 

スクイーズ法のつまむタイミングですが、射精感を超えてすでに精子が出てきているのを、指でつまんで止めるのではなく、あくまで射精前の段階でつまむことによって、沸き上がった射精感を抑えるということです。実際に実施していただけるとわかりますが、「そろそろイキそうだな〜」と思ったところで実践してみると、勃起自体はそのままですが、射精感は抑えられます。